日記: パソコンハードディスクデータを復旧する方法

データ復旧の道程4・・・自己判断は大怪我のもと

Advanced Hard Drive Data Recovery Part 4(高度なハードドライブデータ回復)




自作パソコンを組み立てる趣味を持つ人は年々多くなっています。マザーボードに他の部品を組み込むだけですからプラモデルが造れる程度であれば誰でも自作できます。それは別段あなたが天才的な能力を持っているからではありません。それを誤解しないで下さい。起動しないOSを様々な方法でトライして起動させる方策を練ることと、実際にハードディスクをバラすことはまったく次元の異なることです。私たち素人がハードディスクをバラしてデータを復旧させることなど不可能であると知りましょう。ハードディスクはそこいらにある家電製品とは違います。精密機器です。一度分解してしまうと中にホコリやカビの胞子が侵入してしまいます。その後で業者に手渡してもデータ自体が死んでいることが良くあるのです。けして素人判断をしてハードディスクの分解などしてはいけません。但しハードディスクやメモリなどに物理的損傷がなく、ゴミ箱に間違ってデータを捨ててしまったりドライブをフォーマットしてしまった場合などは、特定の復旧ソフトを用いて自己復旧させることは問題ありません。そして絶対ではありませんがかなりの確立で復旧は可能です。また復旧ソフトはかなり高額で販売されているようですがフリーのソフトで良いものも出ていますからネット検索などで調べてみて下さい。

データ復旧の道程3・・・業者の選定ポイント

Advanced Hard Drive Data Recovery Part 3(高度なハードドライブデータ回復)





最初に業者依頼する前に深呼吸をしましょう。落ち着いて冷静になることが大切です。まずあなたの失ったデータは公共性の高い重要データですか?例えばあなたが教師で教え子の成績データが障害を受けたのか、それとも趣味で集めていた洋楽MP3が消えたのか、はたまた会社の重要機密事項が消えうせてしまったのか・・・などなど。MP3が消えた程度ではそれほど影響はありませんが、それ以外を例にした場合などは一大事です。また企業や個人事務所のデータなどが消失した場合なども最優先で復活させなければなりません。業者の選定もそれに合わせる必要があるのです。アイミツを取って料金が嵩んだとしても致し方ない選択となります。つまり業者の選定は消失しデータと比例して選べば良いのです。重要案件の場合などはやはり大手に頼んだ方がセキュリティーの面でも安心でしょう。その反対に個人の集めた音楽や動画などの場合には個人業者でも問題ないはずです。では実際に業者選定のポイントとはなんでしょうか? それは@修復技術 A修復施設 B過去の実績 Cセキュリティーの維持 Dプライバシーの保護など、最低限のことを調べて比較検証することが大切になります。まず落ち着いてと申し上げたのは慌てて業者選定で苦い思いをしないためなのです。ネットで比較して電話でとことん納得するまで話を聞くべきです。それから初めて自宅に来て貰いパソコンを見て貰いましょう。

データ復旧の道程2・・・自己復元できるか否かの判断

Advanced Hard Drive Data Recovery Part 2(高度なハードドライブデータ回復)





間違ってデータを消去してしまった場合などはクラスタスキャンを一晩行って復活させることが可能ですが、肝心のハードディスクの論理的トラブルや物理的トラブルが発生した場合には私たち素人ではどうにもなりません。この状態を解決に結びつけるには専門業者に依頼する以外にに方法はありません。これらの専門業者は別名「データ復元業者」と呼ばれています。彼らはハードディスクに発生した論理的トラブルや物理的トラブルの結果障害を受けてしまい使用不能となったハードディスクやメモリーカードからデータを復元するプロです。当然プロに仕事を依頼するわけですから料金はかかります。しかし消滅した大切なデータが復元できる可能性があるのですからデータ内容に比例した対価であるかどうかを確認して依頼するか否かを決定するようにしましょう。通常障害を受けているであろうハードディスクやメモリーを提出しますが、パソコンの中身など見たこともないような人の場合にはこれは不可能になります。こんな時には専門業者に電話連絡をして出張して貰わなければなりません。そして直接立会いの元でパソコンケースを開けて中のハードディスクやメモリーなどを確認して貰う必要があります。ケースを開ける前には当然のように通常起動の要領で電源を入れパソコンの状況を正確に診断します。それから実際のハードディスクやメモリーなどの部品を取り外し持ち帰って貰うことになります。データの復元を行う業者の数は年々増え続けているようです。それだけトラブルが多いことの証でもあります。但し小は個人〜大は上場企業の専用事業部まで様々な業者が存在しますし、その分料金や技術力にも差異が出ることも充分に考えられます。

データ復旧の道程1・・・ある日ハードディスクが突然死んだ

Advanced Hard Drive Data Recovery Part 1(高度なハードドライブデータ回復)




ハードディスクドライブ(HDD/Hard disk drive)は磁気を帯びることができる磁性体をコーティングした金属やガラスの素材で出来ており、磁気ヘッドを用いることで様々な情報を記録することを可能としています。まさにコンピュータの心臓部であるCPUと共に重要な核になる部分でもあります。コンピュータに搭載されたこの記憶媒体に私たちはOSやソフトウエアを書き込むことで様々な使用目的に利用することが可能となります。ところがこのHDDは初期不良を除いたとしても意外に脆く衝撃や温度変化などでトラブルを抱えることが多くなってくる。例えば、@パソコンの電源を入れてもウインドウズが起動しない AHDDが認識されない Bマイコンコンピュータの中からCドライブだけが消えている C間違えてドライブごとデータをフォーマットしてしまった D間違えて重要なデータを消去してしまった などなど、ハードディスク関連のトラブルは意外に多いものです。
間違ってゴミ箱にデータを捨てた程度であるなら、復旧させるソフトはフリーでも存在します。かなり時間がかかるとしてもほぼ80〜90%程度のデータを復活させることは可能です。しかし肝心のハードディスク自体がトラブルの原因の場合にはまったく打つ手がありません。そのためにも作業終了時には必ずバックアップを取るように誰もが学習します。ところが肝心のバックアップを取っている最中にハードディスクが死ぬことも多々あることなのです。パソコンやOSなどはここ10年で加速度的な進歩を見せました。ネットの接続環境ですら数年で見違えるほどの進歩を遂げています。然るにパソコンの基本的な部分では未だに脆弱なシステムや部品のまま使用しなければならないと言う現実があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。