データ復旧の道程2・・・自己復元できるか否かの判断: パソコンハードディスクデータを復旧する方法

データ復旧の道程2・・・自己復元できるか否かの判断

Advanced Hard Drive Data Recovery Part 2(高度なハードドライブデータ回復)





間違ってデータを消去してしまった場合などはクラスタスキャンを一晩行って復活させることが可能ですが、肝心のハードディスクの論理的トラブルや物理的トラブルが発生した場合には私たち素人ではどうにもなりません。この状態を解決に結びつけるには専門業者に依頼する以外にに方法はありません。これらの専門業者は別名「データ復元業者」と呼ばれています。彼らはハードディスクに発生した論理的トラブルや物理的トラブルの結果障害を受けてしまい使用不能となったハードディスクやメモリーカードからデータを復元するプロです。当然プロに仕事を依頼するわけですから料金はかかります。しかし消滅した大切なデータが復元できる可能性があるのですからデータ内容に比例した対価であるかどうかを確認して依頼するか否かを決定するようにしましょう。通常障害を受けているであろうハードディスクやメモリーを提出しますが、パソコンの中身など見たこともないような人の場合にはこれは不可能になります。こんな時には専門業者に電話連絡をして出張して貰わなければなりません。そして直接立会いの元でパソコンケースを開けて中のハードディスクやメモリーなどを確認して貰う必要があります。ケースを開ける前には当然のように通常起動の要領で電源を入れパソコンの状況を正確に診断します。それから実際のハードディスクやメモリーなどの部品を取り外し持ち帰って貰うことになります。データの復元を行う業者の数は年々増え続けているようです。それだけトラブルが多いことの証でもあります。但し小は個人〜大は上場企業の専用事業部まで様々な業者が存在しますし、その分料金や技術力にも差異が出ることも充分に考えられます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。